レディルーシー物語

lucyny.exblog.jp
ブログトップ

いつまでも元気でいようね〜!


8月も後半に入りいきなり猛暑が復活したNYです
アチチな毎日ですが最後の夏を楽しんでください〜〜と
お日さまがいっているようです^^

やっと落ちついたので、ジタバタ&ドキドキの出来事を綴って
おくことにしました
今までほんとうに健康優良犬で過ごしてきたルーシーですが
7月にできたイボを取って頂いたときに、4月に続いて再度血液検査を
してもらいましたが、その結果がやはり肝臓の数値が少し高いとの報告を
受けたので、セカンドオピニオンの診察を受けに別の病院へ。。。

a0224537_0431099.jpg

          家から車で20分くらいのところにあります
a0224537_044866.jpg

         24時間受付の救急ケアもある大きな病院です
         もちろん通常のかかりつけの診察もしてくださいますから安心です

a0224537_0445091.jpg

        新しくとても清潔でスタッフの方も丁寧な対応でした

a0224537_0463250.jpg

        吹き抜けの天井にはこのようなオブジェが。。。

a0224537_047123.jpg

        カルテに入れる写真を撮ってくださいました
        病院が大好きなルーシーはここでも笑顔でした(笑)

        
        前の病院から検査結果や今までのカルテが送られていたので
        スムーズに診察が行なわれていきました
        ハロッシュ先生は獣医25年のベテランで、初診で40分以上かけて
        じっくりとルーシーを触診したり、私にたくさん問診をしてこちらの質問にも
        丁寧に答えて下さいました
        バーン先生に肝臓の針生検を勧められていたのでそれが一番気になって
        いました。そんなに高くないのに針生検ってどういうことなの?

        先生の見解は肝臓の数値が上がってくる原因のひとつにクッシング症候群と
        いう病気があって、ルーシーの場合肝臓の2つの数値が同時に上がっているので
        まずそれを疑うべきだろうとのこと。。。
        数値的にそんなに高くはないが年齢的にも肝臓と思っていたらクッシングだったと
        いうことが多いんだそうです
        お水をよく飲みますか? ご飯を欲しがりますか? と何度も聞かれましたが、
        今まで気にしたこともなかったのでね〜
        それから三日後にクッシングの検査の予約を入れて帰宅。。。

        家に帰って来てからパソコンでクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)を
        これでもかというくらい検索しまくりでした。いっぱい載っていたので片っ端から
        読み倒しました(笑)
        脳下垂体や副腎皮質にできた腫瘍により、副腎皮質ホルモンが異常に
        分泌されることが多くの原因らしく、そのために肝臓に負担が掛かり数値が
        上がっていくらしいです。発症時期も12歳くらいが多いとのこと!
        そういえば当てはまるような症状があるあるってなってしまい。。。^^;

        検査は朝ごはん抜きで病院へ預けて、数種類の血液検査をするそうで
        食前、食後、そして薬を入れたりと何度も採血されるので同意書にもサインし
        夕方6時にお迎えに行くまで、ずっと落ち着きませんでしたが元気に
        出てきたのでホッとひと安心!!
        しかし結果待ちの数日間、大丈夫、大丈夫と思いながらも内心は
        落ち着きませんでした。クッシングでないことを祈る毎日でした。
        
        そして先生から電話があり、今回の検査ではクッシングは陰性と出ました 
        ただクッシング病というのは少しづつ少しづつ進行していくので注意して
        見ていくことにしましょうといって下さいました
        また肝臓の数値も心配するほどではないが、今後のためにフードを肝臓の
        療法食(ヒルズプリスクリプション肝臓用)に変え、サプリメントも飲むことに
        なりました
        あと、毎日の飲水量を続けて測ってくださいということでした
        今のところルーシーの1日の飲水量は標準値をキープしています
        療法食フードも今までと同じようにパクパクと食べています。食欲旺盛です!
        あーよかった〜ほんとによかった〜!

        今までずっと元気でこれたので、針生検だの、クッシングの疑い? と
        突然いわれたので すごくショックを受けてしまいました
        やはりもうシニア、それも12歳半という年齢なんだと思い知らされました

        三ヶ月後にもう一度同じ検査をして数値を見て頂くことになっていますが
        病的なものではなく、年齢的なものだったらこの食事療法で数値は
        下がってくれると思います。念には念をいれた対応をしていただいて
        本当によかったです。

        これを機会にこれからのことも考えて24時間対応というのも有難いですし 
        最新の設備も揃っているので、より信頼できる先生に巡り合えたということで
        ドキドキの数日間でしたが、結果的には安心することができましたから
        今後、ルーシーの主治医になっていただこうと思っています^^

a0224537_3524154.jpg


a0224537_3541396.jpg

        ママ、だいじょうぶだよ〜まだまだげんきだよ〜

        そうだね〜突然いろいろいわれたのでびっくりしてしまったわ
        ルーシーのことをこれからもっともっと気をつけて見守っていくね〜
        もう年だからね〜って思っていると思わぬ病気が隠れている場合が
        あるので定期検診はこれからもしっかり受けようね〜
        いつまでも元気に少しでも長くいっしょに暮らせるように願っています
        
        
        
       
        
        

        
[PR]
by lucyny | 2015-08-20 04:19 | ルーシー | Comments(8)
Commented by マダムK at 2015-08-20 09:47 x
ママから針生検のお話を伺った時には 私もドキドキしてとても心配でしたが 近くにこんあ素晴らしい病院が見つかって ほんとに良かったですね~
お写真で見ても 素晴らしい病院ですね・・・
24時間だから これから安心です
ルーシーちゃんの肝臓の事も いろいろと伺って私も安心いたしました
Richardもですが 高齢になると数値も上がってくるので 受け入れながら対処していくしかありませんね・・・
経過を良く観察しながら 日々の生活を出来るだけ楽しみながら過ごしていけたらいいですね
ほんとに 思いもよらないことが増えてくるけれど 考えてみたら80歳近いんですものね~
Riもルーシーちゃんも見た目があまり変わらないから つい錯覚を起こしてしまって笑
でも 食欲旺盛なのが嬉しいですね!

Richardへのお祝いのメッセージありがとうございました^^
Commented by conacona38 at 2015-08-20 12:34
こんにちは〜♪
そして、、日記を拝見して・・驚きました。
人も同じですけど、セカンドオピニオンすることによって
いろんな病気に備える事ができるのですね。
とても、清潔で設備の整った病院、、しかも24時間態勢は嬉しいですね!
初めて耳にする病気の名前、、クッシング・・
何よりも陰性で良かったです。ルーシーちゃんは、ちょっとお疲れ模様だけれど
ホッと安心できましたね。
もの言えないワンコたち、、飼い主がちゃんとそのサインを見逃さないようにしなければいけないのですね。。
どうぞ、、お大事にしてくださいませ〜^^
Commented by lucyny at 2015-08-21 06:10
マダムさんへ
この度は色々とご心配をお掛けしました。
戸惑っている私の話を聞いて頂いたり、また適切なアドバイスを下さったりと
本当に感謝しています。どうもありがとうございました。

針生検って聞いたときはもうびっくりで、マダムがいわれたように
腫瘍ができているわけでもないのに麻酔をかけて肝臓に針を刺すなんて
考えただけでもちょっと待って〜〜ってなりました^^;
おかげさまでいい先生に巡り会え、またここが24時間救急というのも
これからのことを思うととても安心できます。
食事療法で次回の検査で数値が下がっていると嬉しいですけどね〜
Riちゃんもルーシーもほんとに見た目はとてもシニアに見えないので
つい今までと同じように錯覚してしまいますが、少しづつ老化が進んで
くるのは仕方ないことですから、その時々で対処していかないといけませんね。
お互いに日頃からよく注意して見守っていかないと。。。ですね!
Commented by lucyny at 2015-08-21 06:31
conacona38さんへ
いつも元気がとりえのルーシーですが、今回はちょっと心配なことに
なってしまい私も驚いてしまいました!
針生検って聞いたものだから、これは大変と思い急いで先生を探し、
こういう事になりました。セカンドオピニオンの大切さを痛感しました。
幸いにもいい先生に出会えましたし、設備も整っていてまた24時間
いつでも診ていただけるのはとても安心で心強いです。

私もクッシング病って初めて聞いた病気だったので、調べまくりでした。
今回の検査では陰性だったのでホッとしましたが、今後経過を見ながら
対処していきたいと思っています。
そうですね、日頃からしっかりと愛犬のサインを注視していかないと
いけませんね〜お気遣いどうもありがとうございます^^
Commented by runrunluke at 2015-08-21 11:36
まずは安心しました~
もうシニアだから・・・って思うことも多いのでさらに気をつけなくちゃいけないのですね。
セカンドオピニオンは私も絶対に必要だと思います。でも信頼できる病院を探すのは本当に大変ですよね。
私は遠くの病院に連れて行っているので近所にどこか良いところを探しておかないといざと言うときに困りますね。
食事療法で数値が下がることを願ってます!お大事にね~
Commented by lucyny at 2015-08-21 13:03
runrunlukeさんへ
そうなんです。やっとホッとして落ち着いたところです^^
もうシニアだからと思い足腰も弱くなった、ほとんど寝てばかりいる、
お散歩もすぐに帰ろうとする。。。これってクッシングの症状の中に
書いてあったことなんですよ〜そう思えば全部当てはまることばかりで。。。
一番の初期症状は多飲多尿とやたらご飯を欲しがるらしいです。

もし今までにない症状が出たらかかりつけ+セカンドオピニオンは
絶対必要だと痛感しました。
ほんとに信頼できる先生を探すのは大変ですが、いざという時のために
ご近所にいい先生を確保しておくことも大事ですから見つかるといいですね。
この食事療法で数値が下がっていることを願ってがんばりますね〜
心配していだたきどうもありがとうございました。
Commented by とちこまま at 2015-08-26 08:06 x
ひゃ~ルーシーちゃんそんな検査を受けてたのね(^^;)
今まで健康だったから戸惑ってしまったのでは?
でも結果は大丈夫で本当によかったですね。
大きな設備の綺麗な病院で信頼できる先生にめぐり合えて
これからは安心ですね♪
24時間体制は本当に心強いです!!
ってお世話にはなりたくないですけど!!

シニアになってくると数日で体調がコロコロ変わるから
目を光らせての生活になってしまいますよね。
きっとルーシーちゃん美味しくないご飯をいやいや食べてると思うけ
数値が落ちるまで我慢して食べようね~(^^;)
Commented by lucyny at 2015-08-26 12:45
とちこままさんへ
そうなんですよ〜留守電に肝臓の数値が少し高いので針生検をして
調べた方がいいですって入っていてね、おまけに先生は休暇で10日後
以降しか話をできないということで、びっくりしてしまい何それって
動揺しまくりでした。病気と今まで縁がなかっただけにね〜^^;
そんなこんなでお散歩仲間から聞いていた大きな病院を訪ねたんです。
幸いよい先生と巡り会えてひと安心!!検査結果も悪くはなかったので
ヤレヤレでした^^
いえてる〜〜24時間受付は有難いけど、お世話になりたくないですわ!!

やはり夏の暑さがもともとダメなルーシーですから、ずっとゴロゴロして
いましたが最近はまた元気が戻りお散歩でも走るようになりました。
シニアになると体調にもムラがあるようになるのかしらね〜
でも食欲だけはあって嫌がらずにパクパク食べていますよ〜(^^)